スポンサーリンク

子犬の夜泣きの原因は?マンションなどで近所迷惑では?夜泣き対策のグッズは必要?

子犬が夜泣きをする原因を知って、子犬が訴えたい気持ちを読み

取ることが大切です。

子犬が夜泣きをするおおまかな原因は

・寂しい、甘えたい、不安などの『精神的』なこと。

おトイレに行きたい、お腹が空いた、のどが渇いたなどの『身体的・

生理的』なこと。

・暑い、寒い、明るい、うるさい、広すぎて落ち着かない、狭い、

・音や光が怖いなどの、『環境的』なこと。

 

これらの対策ですが、子犬のうちはグッズを使わなくても家にある

もので大丈夫なんですよ。

 

子犬の夜泣き 精神的な夜泣きの時の対策

  • 飼い主と同じベッドで寝る。
  • 飼い主のベッドの下に、犬用のベッドを置く。
  • 犬用ベッドをリビングに置いている場合は、飼い主が一緒に

リビングで寝てあげる。

 

子犬の夜泣き身体的・生理的な夜泣きの時の対策

  • 寝る前から時間を逆算して、健康に害のない時間帯に食事や水分

補給、排泄を済ませておく。

  • 寝る時間になっても走り回っているようなら、日中にたっぷり

遊ばせる。引っ張りあいっこが出来るおもちゃがおススメ。

子犬の夜泣き 環境的な夜泣きの時の対策

  • 巣穴のような適度な広さのクレートを用意する。
  • 静かで薄暗く、周りが囲まれる環境に犬用ベッドを置く。
  • 犬用ケージを毛布などで覆ってあげる。
  • 犬用ベッドと犬用トイレの距離を空ける。

 

これらのことを、犬が家に来る初日から始めることが大切なんです。

初日の夜から習慣づけることで、子犬の夜泣きがぐーんと

減りますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事