スポンサーリンク

昔、若い頃は誰しもそんな現実が来る事を信じていなかったと思いますが、実際にそんな年齢になって来ると本当にそうなんだ!と実感して気付くのです。

人間は基本的に若いうちは疲労を、疲労した当日に感じる事が多いのですが、年齢を重ねて行くうちにいつの間にか疲労を感じるタイミングがズレて行き、最終的には次の日やその次の日に筋肉痛などの痛みがやって来るのです。

でも、どうして年齢が進むと疲労感の感じは後日にならないとやって来ないのでしょうか?

運動したりした日に疲れが来るのがある意味普通だと思うので、もしかしたら身体の中で何やら色々あるのかも知れません。

実はその、遅れてくる筋肉痛の正体は、筋肉を再生している時に発生している様です

え?筋肉の破損で痛んでいる訳では無いの?と思った方は多いかも知れませんが、実は筋肉痛には2通りあるのですが年齢が進んでいる人が1~2日遅れて感じる筋肉痛は、筋肉の修復の時に発生する方の筋肉痛だと思った方が良さそうです。

また、筋肉痛は若い頃は運動した当日に感じる事が多いですが、この時の痛みは筋肉が破損している時の痛みなので筋肉痛の解釈的には合っていますが、年齢が進むにつれてその破壊の痛みが和らいでいくので、年齢を重ねた人にはあまり当日の筋肉痛を感じる人が少なかったりするのです。

なので、激しい運動や重い荷物を持った日の翌日になってから筋肉痛がする人は、今正にその筋肉に新しい筋肉が付いている所だと思った方が良さそうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事