スポンサーリンク

その昔はニキビは、青春のシンボル!とか口が痒くなりそうなキャッチフレーズが付いている様な感じでしたが、実際はかなり皮膚科でも皮膚の病気として治療が出来る症状です。

なので、ニキビの症状が悪化して、赤いニキビの上に更に白いニキビの様なものが出来て~と言う場合でも、皮膚科でバッチリニキビに効果のある薬を処方してもらえるので、肌にニキビ跡が残らない様に治療して行きたい!と言う人は、皮膚科を受診して二媚を治すと良さそうです。

とりあえず自分で洗顔したりスキンケアだけでニキビと向き合って居たいと考えている人は、ニキビが出来る前に皮膚に蓄積してしまっている角栓と言う皮脂が硬くなった粒みたいなモノを、出来るだけソフトな方法で取り除いて欲しいですね。

この角栓、大人になってからの方が出来やすいので、若い頃に出てきたニキビとは違う原理で肌に出現する事を念頭に置いておいて欲しいですね。

若い頃に出来るニキビはホルモンバランスの乱れで出来るのですが、大人のニキビの原因は、毛穴の皮膚が古い角質層の所為で塞がって来て、毛穴で分泌された皮脂が毛穴の中で過剰にニキビの原因菌であるアクネ菌に繁殖され過ぎた事が原因で発生するので、まずは毛穴の中の皮脂を取り除いたり、毛穴とその周辺の古い角質をしっかり除去して行く必要があるのです。

と言う事で、大人になってからの方がニキビが出て困っていると言う人は、しっかりと洗顔したりクレンジングして毛穴をスッキリさせて行くと良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事